top of page

精神科・心療内科に行くメリット


よりどころメンタルクリニック桜木町

今回は精神科・心療内科に行くメリットを解説したいと思います。


通院は面倒なものですし、処方薬を忘れずに飲むのも大変です。精神科や心療内科に行くメリットが分からない方も多いと思います。そこで、精神科医の私から詳しく説明させて頂きます。


精神科が扱う症状は色々あり、うつ状態とか不安が強いなどといった心理・感情面の症状も治療しますし、注意力とか認知機能などの治療も行うことがあります。こうした症状を改善したくて精神科に行く方が多いと思います。しかし、それだけではありません


精神疾患は、生活や仕事の中で、症状により何らかの障害や困難が生じた場合に診断します。言い換えると、感情の問題や注意の問題などによりできないことが増える時に精神疾患と診断されるわけです。


たとえば、うつ病になると、普段通りに働けなくなります。電車に乗るとパニック症状が出る場合は、電車に乗れなくなります。


精神科や心療内科で治療を受けると、症状によりできなくなったことを再びできるようにすることができます。原因となる精神症状を改善した上で、普段通りに働けるようにしたり、電車に乗れるようにします。これが治療の意義であり、精神科や心療内科に行くメリットです。


精神的に不安定になると、どのようなことができなくなるのか想像すると、受診するメリットをより理解できるはずです。


うつ状態になったり、不安が強くなると、


「眠れなくなった」

「頭が働かず仕事がうまくできなくなった」

「大勢の人が怖くて人前に出られなくなった」

「電車が怖くて乗れなくなった」


イライラが強まったり、衝動的になると、


「お金を計画的に使えなくなった」

「人と会うと感情的になり、人間関係がうまくいかなくなった」


というように、精神症状によって、生活や仕事にさまざまな困難、不可能なことが出てきます。


精神症状を治療することで、こうした困難や不可能を可能に変えることができます。それが、精神科医の役割です。


そして、通院には再発予防というメリットもあります。一度症状が落ち着いたとしても、再発しては大変です。病状が良くなったら、その状態を維持しなければなりません。再発予防の治療を維持療法と言いますが、これも精神科や心療内科に通院するメリットです。


なお、維持療法では、再発のおそれが無くなった段階で、薬を徐々に減らして中止します。精神科の薬を使うと依存症になると誤解している方もいますが、正しい使い方をすれば依存症になることはなく、薬は中止できますのでご安心ください。


統合失調症や双極性障害(双極症)などのように、生涯に渡り再発のリスクが続くため維持療法を続ける精神疾患もありますが、大半の精神疾患では一年以内に維持療法を中止します。治療の終了については主治医と話し合い、その時の病状を評価してから決めます。


また、精神疾患により働けない場合は、お金の心配も出てきますが、これにも通院が大事になります。きちんと通院していると、職場の福利厚生として傷病手当を申請することができます。退職した場合も失業手当を早めにもらう方法もあります。長期に通院する場合は、障害者雇用や障害年金などの社会保障制度を利用できる場合もあります。こうした金銭保証の制度の利用には、診断書など医療機関からの書面が必要となります。


このように、精神科の治療は、心を安定させるだけではなく、仕事や生活のさまざまな困難を取り除いてくれます。通院治療は大変ですがメリットはとても大きいです。受診をお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

Comments


他のブログ記事
bottom of page