top of page

日本は職場環境が悪い

職場環境

職場の満足度調査として、海外のものですが、Q12というアンケート指標があります。この中には、たとえば、今の職場は仕事しやすい、同僚や上司が自分を大切にしてくれる、この職場で成長できるなどの質問が含まれています。



こうした質問に「そう思う」と答える人は、職場でやる気を出していると考えられます。これをエンゲージメント(職場との結びつき、職場に対する熱意)と呼びますが、Q12は、職場に対するエンゲージメントの指標とも考えられています。


このQ12を用いて、職場に対してやる気をもつ、熱心な従業員の割合を国際的に比較するデータがあります。これを見ると、日本は熱意ある社員の割合が他の国よりもだいぶ低いそうです。


「2022 年の日本の労働者の中で仕事に従事している人で職場に積極的に参加し、熱心に取り組んでいる人はわずか 5% であり、世界平均の 23% とは大きく異なる結果が出た。」


もしもあなたが、今の職場に満足しておらず、職場のために働く意欲がないとしても、特に不思議はありません。そもそも日本全体として、職場に満足している人が少ないのです。昭和時代のモーレツ社員のような人は、失われて久しいということです。


経営面から考えますと、職場全体の従業員のやる気が低下すると、職場全体のパフォーマンスが下がり、コストが増えます。たとえば、従業員たちの仕事の速度が落ちることにより、それをカバーするために、より多くの従業員を雇用しなければならなくなります。また、退職者が増えれば、新たに、人材を採用する必要も出てきます。つまり、企業側からすれば、人件費関連のコストが増えるわけです。このせいで日本の企業は経費・コストが高くなり、利益が上がらないのかもしれません。

職場環境が悪い企業から、職場環境の良い企業へと労働者が移っていけば、職場環境の悪い企業は淘汰されます。すると、世の中全体としては、良い職場環境の企業が増えます。


もしも、今の職場環境がとても悪いと思うなら、転職するのも良い手段です。その方が、自分自身のためにもなり、ゆくゆくは世の中全体のためにもなるからです。

Comments


他のブログ記事
bottom of page